All Archivi - ELLCI- Giappone

All

自己紹介をお願いいたします。 ミラノに語学留学に来て早3年が経ちます。 ELLCIで2年コースのイタリア語クラスを受講後、現在はイタリアで仕事をさがしながらミラノで生活をしています。 長年勤めていた職場を辞め40歳を目前に意を決して語学留学しました。   イタリア語を学ばれている理由を教えてく ださい。 記憶が確かなら、中学生のときの道徳の授業で「イタリア」という国を知りました。漠然としたイメージしかなかったヨーロッパの中でとりわけ「イタリア」がまぶしく感じました。ただそれだけの理由で「イタリアに語学留学する」と決意し、高校在学中に偶然本屋さんで見つけた1冊のイタリア留学記を一晩で読み明かし、すぐに出版社に筆者宛のお手紙を書いたのを鮮明に覚えています。 筆者のご好意により直接お会いして留学中のお話を聞く機会をいただきました。10代で多感な頃だったこともあり、予備知識もないまま私のイタリア留学の決意は固まりました。 大学を卒業してから留学しても遅くはない、と筆者からアドバイスをいただき大学は日本の大学に入りましたが、早くイタリアに触れたいと思い在学中にローマに2ヶ月の短期留学をしました。 イタリアという国もイタリア人も文化もイタリア語も全てを私を魅了しました。 いつか必ずイタリアに住むという決意のもと泣く泣く短期留学から日本へ戻り、長期留学をするために就職もしました。   当校のコースを受講されていかがでしたか? ご感想・ご意見をお聞かせください。 語学学校の情報収集としてイタリア文化会館のイタリア留学フェアに参加しましたが、ELLCIの説明が一番丁寧で詳しく特殊な事情である私のことも前向きに受け入れてくださるとのことだったので、すぐにELLCIに決めました。 留学までの準備については、日本人のスタッフの松浦さんにひとつひとつ丁寧に教えていただき、不安なく留学に望めました。 授業初日はとても緊張していたしイタリア語が全く聞き取れなかったのですが、担任の先生もクラスメイトにも恵まれ、語学力こそ苦労しましたが、学校生活はそれはそれは楽しい時間になりました。 授業内容も私はとても気に入っていました。聞く、書く、読む、話す、この4つを偏りなく、文法の説明も丁寧で、各生徒の語学力も把握したうえで、みんなで楽しみながらイタリア語が学べるよう授業を進めてくれる先生ばかりでした。 私が語学力に自信がなくなり再度語学学校に通うならELLCIを選びます。そのくらい私にとって大満足な学校でした。...

木原 真由美            自己紹介をお願いいたします。 私は今は横浜の近くに住んでいますが、パリに10年住んでいました。 そのころ、よくイタリアに遊びに行きました。イタリアのオペラや美術館、食事が大好きで、 その頃からイタリア語や文化に大変興味を持っていました。 イタリア語は日本に帰国してから始めましたがELLCIに行って勉強してとても良かったと思っています。 やはり、語学は現地で習った方が良いと思います。 留学を考えているなら1〜2年くらいは勉強してから行かれることをお勧めします。   イタリア語を学ばれている理由を教えてく ださい。 イタリアに何度も旅行に来ている間に、レストランやホテルでイタリア語が通じるととても楽しかったのと、 オペラが好きなので(イタリア語のオペラ)自然とイタリア語が入ってきました。 私は観光に必要なイタリア語はできていたので文法や日常会話の勉強をもっとしたいと思っていました。 また、フランス語とも文法的に似ている所があるので私には勉強しやすかったです。 私は1年程独学で勉強してからELLCIに留学に行きました。   当校のコースを受講されていかがでしたか? ご感想・ご意見をお聞かせください。 ELLCIはもともとインターネットで見つけて知っていましたが、 11月に東京のイタリア文化会館で「イタリア留学フェア」に参加して様々な学校の説明を聞いてここを選びました。 1週間から受講できますが、私は主婦で、仕事もあり短期間の1ヶ月のコースを選びました。 先生方にも恵まれ、私の2人の先生は大変優しく丁寧に教えてくれて、 文法もありますが会話が重視されているところが良かったと思いました。 日本で勉強しているとなかなか会話をする機会がないので毎日話せて良かったです。 また、学校の行事で市内の観光や新聞社の訪問、アペリティーボなどイベントがたくさんあるのも楽しかったです。 チャンスがあれば是非また行きたいと思っています。 さらに、平日は学校に行き、週末は地方へ観光に泊まりがけで遊びに行くのにミラノは大変便利な場所だと思います。 ミラノ中央駅から主要な都市へは新幹線が走っているのでほとんどの大都市には直行で短時間で行けます。 ミラノは観光の拠点としては最高です。  ...

ミラノはレストランや娯楽に富んだ地区がいくつかあります。

ミラノは、ローマに次いでイタリアで2番目に人口が多い都市です。イタリア最大の商業都市であり、経済、金融、ビジネスの中心地として知られています。 ミラノはファッション分野においても名立たる都市で、イタリアの一流ブランドのほとんどがミラノを本拠地としていますので、世界的に有名なミラノ・ファッション・ウィークをはじめ、ファッション・ショーも頻繁に開催されています。 ミラノはまた、芸術と歴史の街でもあり、訪れる価値のある博物館・美術館、教会も多く、 観光客は毎年増え続けています。 このページでは、ミラノの街の風景がご覧いただけます。 イタリアの食品、レストラン、イタリア語の簡単表現、ミラノの交通機関について更にお知りになりたい場合は、それぞれのページをご覧ください。ミラノで皆さまをお待ちいたします!...

魅力に溢れる街ミラノ ミラノは経済・商業的観点だけでなく、歴史ある芸術や文化においても非常に魅力多い街です。 建築遺産は、司教の象徴で世界的にも最高峰のゴシック建築様式のひとつである大聖堂だけでなく、スフォルツェスコ城やビットリオ・エマヌエーレ二世のガレリア、センピオーネ公園の平和の門、少し離れたところでロンバルディ州の守護聖人を祀ったサンタンブロジョの修道院など重要な宗教的建築物です。 様々な外観をもつこれらは非常に芸術的価値があり、見学や観光できるようになっています。有名なスカラ座も国際的なレベルで卓越した作品を上演しています。また、ジョルジョ・ストレーレル芸術監督に捧げられたアルチンボルディ劇場のような他の劇場も常に街に文化をもたらしてくれます。 また、生演奏の音楽イベントを開催しているクラブが多くあり、その中でも有名なひとつがサン・シーロスタジアム内のジュッゼッペ・メアッツァです。 さらに、フィエラミラノとフィエラミラノシティの地区には見本市の企画や大規模な展示会場に最適な建物があります。   役立つリンク集 Cenacolo (Santa Maria delle Grazie) Teatri Eventi Milano Fiera Milano   博物館・美術館 優れた伝統的文学や芸術だけでなく科学においても展示されてあり、市内にある博物館・美術館の存在感からも興味を惹きつけています。   役立つリンク集 Musei Milano Musei del Castello Sforzesco Museo Nazionale della Scienza e della Tecnologia “Leonardo da Vinci” Museo...

公共交通機関 ミラノの公共交通機関はATM(ミラノ交通公社)によって運営されています。ミラノ市内はバス、トラム、トロリーバス路線が縦横に網羅されており、地下鉄も4線ありますが、いずれもATMのチケットで利用することができます。

BIKE MI Piazza Argentina (Stazione n° 114) BikeMiは、気軽に利用でき実用的で、環境にも優しいミラノ市内の自転車シェアリング・サービスです。 詳細は、BikeMiのウェブサイトでご確認ください(英語版)。   BIBLIOTECA PUBBLICA公立図書館 Via Frisi, 2/4 (angolo Via Melzo) Tel. 02884 65799 / Fax 02884 42137 C.BiblioVenezia@comune.milano.it   書籍、新聞、映像媒体、音楽媒体の閲覧・利用・貸し出しが可能です。 公立図書館のウェブサイトでは、お探しの書籍を検索できます。   LUOGHI D’ARTE美術・博物館 Villa Necchi...